警備業について

交通誘導警備業務
道路工事や道路に面する建築工事、商業施設のオープンイベント等の開催で人や車輌が多く出入りする場所において発生する交通の支障、又は危険な箇所が生じて事故の要因となる場所で、その支障を軽減し、事故の要因を取り除くために通行する人や車輌の誘導を行う業務です。
施設警備業務
ビル、工場などの施設に警備員を常駐させ出入り管理業務や巡回を行う業務です。
主な施設警備業務には巡回警備業務、機械警備業務、保安警備業務、空港保安警備業務等があります。
雑踏警備業務
祭礼、興行、競技その他催し物等に際して一定の限られた場所に不特定多数の人や車が集中し混雑する雑踏内の重要地点又は地域に警備員を配置し、交通誘導、入退場整理等を行って、雑踏内の事故の発生を警戒し、防止する業務です。
列車見張警備業務
所定の講習会を終了し、学科、実技試験において判定基準に達したものがJRや私鉄の営業線又はこれに近接する作業現場において、列車の進来、通過を監視し、作業員及び列車の安全確保に努める業務です。

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

警備をお探しの方
警備業についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。

お電話・FAXでのお問い合わせ

TEL 025-266-8805
FAX 025-266-8810